読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暴走する脳科学(河野哲也)③

ベンジャミン・リベットの実験について(p.144-)

手を動かそうと決める約350ミリ秒前に、すでに脳内で準備電位が生じていたという実験。リベットの解釈は以下のよう。

「自発的な行為に繋がるプロセスは、行為を促す意識を伴った意志が現れるずっと前に脳で無意識に起動します。これは、もし自由意志というものがあるとしても、自由意志ご自発的な行為を起動しているのではないことを意味します」


・リベットの自由意志擁護論

意識的意図は脳の準備電位に遅れて生じるが、それでも意図が意識されてから運動開始までまだ200ミリ秒程度の猶予がある。ここに、我々の意識が介入する余地がある。すなわち、発動している運動をそのまま行うか、それとも「拒否権」を行使して運動を中断させるかを選ぶことができる。

リベットはこれを「拒否権仮説」と呼ぶ。意識は、いわば「すべからず」という形で自由を行使する。


・柔らかい決定論(ホッブス、ヒュームなど)

決定論における必然性と人間の自由は両立可能とする。

我々の欲求や行動が、脳を含めた我々の内部のメカニズムからの必然であったとしても、その必然に従っていること自体は決して「不自由」ではない。自由とは、他人や社会などの外部からの強制や拘束、束縛がないこと、つまり自分が欲したままに振る舞えることである、という考え方。


デカルト的誤り

以上の議論はすべて、「意図的な行為とは、決意によって引き起こされた身体行動の事である」というデカルトやロックの考え方を前提としている。

しかし、決意がなくとも意図的な行為は行われる。

たとえば顔を洗うという行為は意図的なものだが、朝起きてから顔を洗うまでのあいだ、どこかの時点ではっきりした決意や決心をすることは少ない。


「さあ、やろう」という決意は、身体を動かすときに我々が発する「どっこらしょ」のような掛け声や気合いのようなものであり、意図的な行為が発動するのに、そのような決意などあってもなくてもいい。


・人間はいつ決意するか

税理士資格をとる勉強をしようと決意したとする。それは、いま信頼できそうな予備校のパンフレットを見つけたときだろうか。それとも現在の会社勤めを辞めて独立したいと考えはじめた数ヶ月前だろうか。それとも企業で与えられた仕事にそれほど関心をもてず、大学で学んだ経営学を活かした仕事がしたいと考えていた二年前だろうか。それとも経営学が好きになった、あの学生時代のときらだろうか。


意図的な行為は決意とともに始まるのではない。

行為の動機は、時間的・空間的に広がりを持っている。

ダニエル・デネットは、意志的な決断が起こる瞬間が存在するというのは一種の神話であり、リベットの議論も幻想であると論じている。


・意図的な行為とは

ヴィトゲンシュタインの弟子アンスコムは、意図的な行為とは「なぜ」という問いに対して、理由や目的をもって答えられる行為だと指摘した。

自分の行動がどのような文脈のなかで行われ、それが周囲の世界にどのような影響を及ぼすか知っていながら行うことが、「意図的」ということである。

意志するとは、行為を発する決意のことではなくて、ある目的を達成するように自分の行動を調整することである。


                                ※    ※    ※    ※


自由意志に関しては最近考えてたから、リベットについてまとめてあってタイミングが良かった。

手をあげよう、と思うことは、手をあげることではない、と。リベットのいう意志は内言、つまり発声しない言語のようなものなので、それは行為に対する見通し(それこそ「決意」)や振り返りであって、行為そのものの実行とは直接繋がっていないだろうと思う。